すごくややこしい!深夜割増と深夜残業割増を分けて計算するよEXCELで

シフト制サービス業の勤怠管理につきものなのが、22時以降の深夜割増手当と残業計算です。

深夜割増として22時から5時までの勤務に対しては通常の時給よりも25%増しにすることが法律で義務づけられています。

また、1日8時間を超過した勤務に対しても、25%の割増手当が義務づけられています。

深夜割増と、残業割増が重複する場合は、両方の割増手当を支給しなければいけないので、合わせて50%の割増手当となります。

例をあげてみます。

出勤 12:00
退勤 25:00
休憩 17:00~18:00の1時間

という勤務があった場合、

総労働時間は休憩時間を控除して12時間となります。

深夜割増の対象となるのは、22:00~s5:00の3時間。
残業割増の対象となるのは、12時間から8時間を引いて4時間です。
それぞれに25%を乗算して基本時給に割増時給分を加算すれば、OKです。

このやり方で計算すると楽なのですが、もっと面倒な違うやり方で計算するケースもあります。

例を挙げましょう。
出勤 15:00
退勤 26:00
休憩 20:00~21:00の1時間
分かりやすいように基本時給は1000円ということにします。

通常勤務時間 6h (15:00~22:00の間で休憩1時間を除く勤務時間。時給は1000円)
深夜割増時間 2h (22:00以降の勤務で残業にかからない通常勤務の時間。この場合22:00~24:00が該当。時給は1250円)
深夜残業時間 2h (22:00以降の勤務で残業の対象となる時間。この場合は24:00~26:00が該当。時給は1500円)

おわかりになりましたでしょうか?
時間帯を重複時間も区切ることで、3つに分けています。
最初に説明した計算方法と計算結果は同じなのですが、複雑な計算をしています。

どちらが良いというものではありません。
どちらを選択するか左右されやすいのは、給与計算ソフトの設定が、どちらの計算方法を採用しているか次第ということが多いようです。
もしくは顧問社労士がどちらを選択するか次第といったところでしょう。

Pochikinでは、深夜割増、深夜残業割増を分けて計算する面倒なほうの計算方法をエクセルテンプレートで無料提供しています。
Pochikinのデータをエクセルに貼り付ければ計算があっという間に終了します。
https://support.pochikin.com/excel/tpl-e

エクセルに手作業で入力する手間が無い分、効率よく給与計算ができるようになります。

深夜割増と、深夜残業を分けて計算するのは、有料の勤怠管理管理システムですら、対応していない製品もあるぐらいなので、シフト制の勤怠管理にどうぞご活用ください。

無料勤怠システム Pochikin

Pocket